2005/02/06

ありがとね

日付が変わる頃、あんずから連絡があって
あんぶぅさんは逝ってしまったとのこと。

最後までいい子だったと。

本当に孝行な子で
ほんの3日前にはお散歩に行っていた。
たった1日寝付いただけで
こちらに心の準備をさせると
さっと逝ってしまった。

確かわたしがあんぶぅに初めて会った時
まだ2歳じゃなかったか?
ずいぶん長い付き合いになったね。

いつもあんずとあんぶぅはセットで考えていた。
きっとこれからもセットのままで考えてしまう。
でもそれでいいんだと思う。

もしも逝った先に何かあるなら
とどまる場所があるなら、わたしたちを待ってて。
また遊んでくれろ。

もぅ、あんたが泣かせるから
2週間ぶりに相方に会うのに
目が腫れてるじゃないか。いぢわる。

3 Comments:

Blogger BB/Niphonese said...

記事はatomフィードの更新を見て知りました。

うーん、ティンクのことなんか書くんじゃなかったかな。私が悪縁を呼び寄せてしまったみたいで、何とも居心地の悪い気分です。
ご心中をお察し申し上げます……としか私には言い様がありません。

あんぶぅさんが天国でティンクと仲良く遊んでくれることを祈るばかりです。

2005年2月6日 13:04  
Anonymous 匿名 said...

子供のときに
真っ白な手乗り文鳥を実家でかってて
「ピピ」と名付けて家族皆で可愛がってた。
食事時になると家族の肩にとまり
ご飯粒をもらってた、嘴は赤色
真っ白が体がとても綺麗だった。
でも、ある日死んでしまった。
母があやまって踏んで死なせてしまった。
泣いたなー、泣きながら庭に埋めたなあ。
命の存在とか、死をそこでリアルに学んだな。
その後も色々なペットの死に目にあってきて
そのたびに泣いたなあ。
ペットが最後にそれこそ
命がけで教えてくれる大切なことってあるねえ。
あんぶうはほんとに偉かったねえ。

ユージ

2005年2月7日 19:06  
Blogger hibana said...

H.M.さま
仕方がないことだと思うしかないです。
いつかは寿命がやってくるのです。
わたしにも等しく。
同じ場所にいけたら、また会えますから。

ユージさま
ああ、わたしも手乗り文鳥をかってましたよ。
かわいがってました。
が、ストーブの上の大量のお湯に落ちてしまい
死んでしまったです。
そんな思い出を一つは持っているものなのですね。

>あんぶうはほんとに偉かったねえ。
最後まで美人でお利口でステキでした。
どうもありがとうございます。

2005年2月7日 21:07  

コメントを投稿

<< Home