2005/02/05

ゴーゴーあんぶぅ

昨日、友人よりメールが届いた。

先日も話題にしていた「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の
正しい意味を理解しているはずのあんぶぅの飼い主からだ。
飼い主というより、親であり子供のような存在かな。

「あんあん」と鳴いてばかりいて
名前を「あん」にしたと言っていたな。

そのあんちゃんが、わたしに出会ったばっかりに
「ぶぅ」なんてくっつけられて「あんぶぅ」と
呼ばれるようになって久しい。ごめんよぉ。

そんなちっこいヤツだったあんぶぅももうすぐ14歳。
十分おばばになってきた。そして入院したと。

自分が肺炎になるよりも、あんぶぅの咳一つを心配する彼女だ。
こたえているだろうなぁ。

遠いって、こんな時にもどうしようもない。
あんぶぅに会いに行きたい。
そして何より、友人と話したい。
そう思っても海の向こうでままならない。

どこでもドア、ください。


あんぶぅはまだまだ諦める気はなさそうだ。
乗り切っておくれ。
まだまだいけるよ、あんぶぅ。

4 Comments:

Blogger BB/Niphonese said...

 あんぶぅはまだ闘病中なので「縁起でもない!」って怒られるかもしれませんけど、神戸に住んでいる姉夫婦の愛犬が、この正月に他界しました。ティンクというオスのプードル犬でした。
 姉夫婦は結婚してもう十数年になり、結婚の時点ですでに大人の犬でしたから(義兄の連れ子ならぬ連れ犬)、まず15年ぐらいは生きていたと思います。大往生と言ってよいでしょう。
 もっとも、いまわの際には「寝たきりで世話が大変だから、さっさと死んでほしい」などとホザいていたようですが。人間なんて薄情なもんだぜ……と話を聞きながら心に呟いた私でした。
 甘えん坊で、私が神戸に遊びに行ったとき、姉と話し込んでかまってやらないのを不満に思ったらしく、オシッコをひっかけられたことがあります。

2005年2月5日 4:51  
Anonymous 匿名 said...

トイプードルを飼ってる身としては
つらいお話ですね・・。しかし運命って
あるし、自分より長生きされたら困るし・・。
ペットを飼うって結構、大変です・・。
by赤目

2005年2月5日 10:50  
Anonymous 匿名 said...

命は諦めたら終わるのだ。
諦めたくなくてもいつかは終わるのだ。
終わるとはわかっちゃいるが
最後まで諦めない姿をみせるのが
命を与えられたものの義務であり使命かと。
本人が、人だけじゃなく
本犬が本ネコが本鳥が本猿が
最後まで諦めないガッツを見せ続けるかぎり
こちらもエールを送り続けないとね。

ユージ

2005年2月5日 13:37  
Blogger hibana said...

H.Mさま
いまは戦ってます。

赤目さま
>ペットを飼うって結構、大変です・・。
はい、生き物ですから。
ちゃんと意志があって、生きてますからね。
当然大変なのですよ。
ひたすら祈ってます。
元気になってくれたら、会いに行くつもり。

ユージさま
>最後まで諦めないガッツを見せ続けるかぎり
>こちらもエールを送り続けないとね。
ガッツあるみたい。しっかり祈ってます。
とりあえず退院はした模様です。

2005年2月5日 19:36  

コメントを投稿

<< Home