2007/09/02

不幸じゃないと思う

毎度まいどのご無沙汰ちゃーん。
開き直ってきたhibanaっす。ども。

先日の松尾ちゃんの「ついで」感いっぱいの
離婚報告やら、知人の離婚やら
従姉妹の子供(これ、なんてぇの?)の結婚式やら
いろいろと書類絡みの出来事にかこまれている。

誰だって結婚は「おめでとう」と素直に言うだろう。
嫌味なヤツはおいといて、ね。

が、だ。
事が『離婚』となるとあぁた。
それはもう世の中の不幸を一人で背負ってるでしょう?と
言わんばかりのここぞとばかりの同情目線にさらされる。
同情じゃなけりゃ批判とかね。

あのね。
誰だって、離婚したくて結婚はしないんだよ。
でね。
結婚している状態が、いわゆる”幸せ”じゃないから
幸せになるために離婚するんだよ。

やみくもに同情したり、気の毒がったりするのって
みっともない思い上がりだと思うよ。

ラベル:

2 Comments:

Anonymous もえぷ said...

同感です。
その昔、「最悪からの脱出」でセイセイしている所に根掘り葉掘り原因を聞きたがったあげく、「そんな事は私もあったけど、乗り越えて今は幸せ」と言いやがった友人とは、泣かせた上で付き合いをやめました(笑)

2007年9月2日 21:11  
Blogger hibana said...

もえぷ
「そんな事」と思うか思わないかは
人それぞれよね。
浮気症でも高給取りならいい
という割り切りで生きてる人もいるし。
どう生きたいか、ってことだと思うわ。

2007年9月5日 20:35  

コメントを投稿

<< Home